EastWestRockersさんが愛用している筋肉サプリの事と活用術2018


厚い胸板は逞しさの象徴!筋肉サプリでもっともっとたくましく!

分厚い胸板は逞しさの象徴です。欧米人は一般的に日本人よりも胸板が厚くて、上半身ががっしりしていますが、日本人も大胸筋を鍛えることでがっしりとした上半身になることができます。

胸板を厚くするために必要な筋肉は背中の広背筋や僧帽筋もありますが、やはり大胸筋が胸板を厚くする主役です。

●ベンチプレス

大胸筋を大きくするトレーニング種目の中心になるのはやはりベンチプレスです。ベンチプレスが正しいフォームで強くなって、しっかりとやり込めば大胸筋を大きくする絶大な効果があります。

●ダンベルプレス

ベンチプレスが大胸筋を大きくする最も効果的な種目ですが、2番目を挙げるとすればダンベルプレスがおすすめです。ダンベルプレスはベンチプレスよりも可動域を広くできるメリットがあります。バーベルの場合、バーがつながっていますので、どうしてもバーが胸に当たることで可動域の限界があります。

ベンチプレスをやっていてバーが胸につくポイントが大胸筋が一番ストレッチするポイントと一致する人は最もベンチプレスで効果が出せる人ですが、そこまでぴったりベンチプレスがハマる人は少ないですから、ダンベルプレスを活用する必要があります。

●ダンベルフライ

ダンベルフライも大胸筋を大きくするのに効果的です。ダンベルフライで大事なのがダンベルの軌道です。ベンチプレスにしてもダンベルプレスにしても軌道としては真っすぐなわけですが、ダンベルフライなどのフライ系の種目は軌道が直線ではなく、円運動が理想的な形です。これが言うほど簡単ではありませんが、上手く円運動ができるようになると大胸筋にかなり効きます。

●マシンを使う

バーベルやダンベルはフリーウェイトと呼ばれるものですが、大胸筋を鍛えるためにいろいろなマシンがあります。昔は大胸筋を鍛えるためのマシンというのはペックデッキフライとか、プレスマシンぐらいしかありませんでしたが、現在ではハンマーストレングスマシンなど、効果的なマシンがいろいろと作られています。

ハンマーストレングスのマシンというのは、これまでとは違った軌道で動くこともあって、かなり効きます。フリーウェイトの場合、負荷がかかるピークが一番下のポジションになるのに対して、ハンマーのマシンはトップポジションで最も負荷が強くなるのが特徴です。

通常、マシンというのはどのポジションでも均等に負荷がかかるように作られていますが、それが一番良いというわけでもありません。ハンマーストレングスのマシンのように、トップポジションで一番負荷が大きいマシンも大胸筋によく効くのがやってみるとよくわかります。

●ケーブルクロスオーバーは必要なし

ケーブルクロスオーバーという種目は非常に人気があります。初心者にとってベンチプレスに次いで人気があります。しかし、この種目はかなり筋量が出来上がっている上級者以外には必要ない種目です。筋量を増やすための種目ではなく、大胸筋の表面のストリクションをつけるための種目だからです。

ヘビーデューティ法で筋肉の質を上げる

「ヘビーデューティ法」というトレーニング法があります。筋トレに詳しい人なら聞いたことがあるでしょう。もともとこのトレーニング法を考えたのはマッスルマグ・インターナショナルという雑誌の編集長だったロバート・ケネディ氏ですが、このトレーニング法を実践して世に広めたのはミスター・ユニバースでミスター・オリンピアで2位まで行ったボディビルダーのマイク・メンツァー氏です。

メンツァー氏がこのヘビーデューティ法でもの凄い体を作り上げたため、このトレーニング法が一気に注目されることになりました。ヘビーデューティ法というのはひと口で表現すれば短時間高強度法をでも言うべきトレーニング法です。短時間で少ないセット数で高い強度で追い込むことで筋肉を大きく発達させようというコンセプトです。

最初にこのトレーニング法で注目されたメイク・メンツァー氏でしたが、1980年のミスター・オリンピアというボディビルの最高峰のコンテストでの5位という順位を不服として引退してしまいました。その時の優勝者がアーノルド・シュワルツェネッガーです。

全盛期の体とはほど遠いコンディションだったことから優勝には物議をかもしましたが、いかんせん準備期間が3週間ですからいかにシュワルツェネッガーでも時間が足りなかったでしょう。もしも、全盛期の体で出たとしたなら圧勝だったでしょう。今でこそ俳優としてとかカリフォルニア州知事などのイメージが強いですが、元々は筋トレ界の世界一でした。

マイク・メンツァー氏が引退したことと、その後このトレーニング法で目覚ましい成果を出す選手が出なかったことで、やがてこのヘビーデューティ法があまり注目されなくなりましたが、1991年のミスター・オリンピアでイギリスのドリアン・イーツ選手が準優勝に輝いたことでまたヘビーデューティ法が再び脚光を浴びることになりました。

ドリアン・イーツ選手は翌年の1992年から6年連続してオリンピアで優勝している歴代最高峰のボディビルダーのひとりです。ドリアン・イーツ選手にヘビーデューティ法を教えたのがマイク・メンツァー氏です。

これら両氏によって注目されたヘビーデューティ法ですが、果たして効果があるかと言えばこれがなかなか評価が難しいです。なぜかと言えば、ヘビーデューティ法で飛躍的な成果を上げた人が少ないからです。実際、ボディビルダーでヘビーデューティ法でトレーニングした選手が先のマイク・メンツァー氏、ドリアン・イーツ氏とメンツァー氏の弟のレイ・メンツァー氏しかいません。歴史上でたった3人です。

彼ら3人に共通しているのが骨格が太いこと、トレーニング技術が優れていること、少ない量で追い込めることです。わずか1セットでも普通のトレーニーの5倍ぐらい効かせられるでしょう。大多数のトレーニーにはあまり効果が期待できませんが、一部の人には絶大な効果があるのがヘビーデューティ法です。

拳立て伏せで拳を強くする

筋トレは基本的に筋肉や筋力を鍛えるものですが、指そのものを鍛えたり、拳を鍛える方法もあります。拳を鍛える方法としていわゆる「拳立て伏せ」があります。空手をやっている人がよく行なっています。

普通の腕立て伏せでは手のひらで体を支えますが、拳立て伏せでは両手の拳で体を支えて腕立て伏せをします。拳を鍛えるとともに手首を鍛える効果もあります。手首を鍛えると言っても、リストカールのような鍛え方ではなく、打撃の時に耐える手首の力を鍛えます。

拳で体を支えるわけですが、拳を立てる床が固くないと意味がありません。畳だったり、絨毯の上では柔らか過ぎて拳を鍛えることができません。板の間か、コンクリートのような床の場所でやるようにしましょう。

普通の腕立て伏せをやるよりも拳立て伏せではできる回数がかなり減ります。拳を立てることで可動域が広くなるのと、拳で体を支えるのは手のひらで支えるよりも難しいからです。空手などの打撃系の格闘技をやっている人はもちろん、格闘技とは関係ない人でも手首や拳を強くしたい人にはおすすめです。

そういった際に非常に効果的なのが筋肉サプリです。

現役医師であり筋肉評論家の松田氏も下記の通り語っています。

ずばり、筋肉サプリを選ぶ基準は3つです。

①筋肉増強に効果的と言われる成分がしっかりと配合されている

②衛生面が安全で、信頼できる会社が販売している

③配合されている成分に対してコストパフォーマンスが良く、無理なく飲み続ける事ができる
出典参考:筋トレには筋肉サプリ

上記の事からも分かる通り、筋トレには筋肉サプリが非常に有効的であることが垣間見えるのです。

拳立て伏せを続けていると、拳の皮膚が厚くなってタコができるようになります。このタコが拳を防御する強さになります。普通の拳立て伏せでもかなり拳を強くすることができますが、これをもっと発展させた方法として、「ジャンピング拳立て伏せ」があります。

拳立て伏せのフォームから、「ジャンピング拳立て伏せ」という名前の通りに上半身をジャンプさせます。ジャンプすれば当然、体を支えている拳から落下しますから、床を拳で叩くことになります。空手の練習で巻き藁を叩いて拳を鍛える練習方法がありますが、ジャンピング拳立て伏せにはこれと似た効果があります。

衝撃がある分、手首も強くなります。拳立て伏せは拳と手首を鍛える効果がありますが、これ以外にも指を鍛えるための「指立て伏せ」という腕立て伏せがあります。これも空手をやっている人がよく行なっている方法です。

最初は両手の5本の指で体を支えて腕立て伏せを行ないます。最初は回数をこなせません。拳立て伏せよりもさらに回数がこなせないです。指が後ろに反るタイプの人だと指立て伏せをやるとケガする可能性がありますので、自分の手や指のタイプをよく見て判断する必要があります。

最初は5本の指で支えるのがやっとでも鍛えていくと、親指、人差し指、中指の3本、さらに進めば、親指と人差し指の2本で体を支えられるようになります。指が強いタイプの人なら親指だけでもできるようになるでしょう。

筋肉サプリの摂取はおすすめです。

犬大好きイーストロッカーの戌年の年賀状を安い価格で印刷した話


今は在宅で仕事をしているため、多く時間を取れる私ですが、今飼っているフレンチブルドッグのコテツを飼いはじめたときは違いました。
親元を離れ都会での暮らしにも慣れ始めたとき、一緒に住んでいた彼女の一目ぼれでフレンチブルドッグを飼いはじめました。

当時の私は飲食関係の仕事をしていたこともあり、拘束時間も長く、ただただ働いて寝るという生活でした。
そんな中、彼女からペットショップのゲージの中で白目をむいて寝るフレンチブルドッグの写真が届き、どうしても飼いたいということでした。

可愛がっていた犬と戌年の年賀状

自分自身にも全く余裕がなく反対していましたが、根負けし実際に見に行き飼うことを決めました。

実家では昔から犬は飼っていましたが、あまり関心がありませんでした。
特に飼いはじめたときは、仕事の忙しさ、マンションがペット禁止であるということ、赤ちゃんであるフレンチブルドッグの好奇心旺盛さに振り回されましたが、疲れた心を癒してくれるような寝顔に心惹かれていきました。
今まで休みの日は寝ているだけでしたが、毎週一緒にお出かけをしたり、おやつや食事をあげたり、散歩をしていく中で愛情も深くなっていきました。
フレンチブルドッグの特徴である人懐っこさや、静かで甘えん坊なところなど挙げたらきりがないほどです。
冬になればこたつの中から出てこず、ストーブの前を陣取り、夏になればクーラーのあたるところから離れません。

寝る時も常にくっつき、布団の中で寝、朝もなかなか起きないところもかわいくて仕方ありません。
彼女とけんかするときも常に心配そうな顔でくっついてきます。
嫌ことがあった時や機嫌が悪いときも察したかのように甘えてきます。
飼う前にはフレンチブルドッグは本当に人間に近く、甘え上手で人懐っこいと聞きましたが、飼っている今本当に感じます。
歌手の槇原敬之を初めてして芸能人の方でもファンが多いというのも納得です。

2017年の4月で2歳を迎えます。
今でも来たばっかりの時では想像できないほど大人しく、賢くなってきました。
実家で飼っている大型犬も落ち着くまで8年かかるといわれましたが、フレンチブルドッグは3年ほどで落ち着くそうです。
毛も短く、伸びないので切る必要もありません。
その点からも非常に飼いやすいといわれています。

犬嫌いのうちの祖母もコテツには心を開いてくれました。
コテツが3歳になったころにもう1匹飼いたいと話しており、どうやらフレンチブルドッグの魅力に取りつかれてしまったようです。

のあ子は産まれた時、他の兄弟と比べて明らかに小さく水痘症の疑いがあると診断されました。
そのため、とある犬のブリーダーさんのところでアルバイトをしていた母が引き取り手のない生後3ヶ月ごろの小さいのあ子を引き取ることにしたのです。
最初は段ボール箱から出ることもできず、箱の中で右往左往していました。
そのうち慣れてくると、箱から出て部屋を歩き回ります。
でも部屋の敷居は越えられません。

こうして少しずつ私たち家族との生活に慣れて行き、私たちの中心的存在になっていったのです。
のあ子が生後半年くらいのころ、父親の趣味の釣竿のルアーを飲み込んでしまいました。
日曜日だったので、近くの病院は開いていません。
少し遠くの病院まで急いで父親と姉が連れていき、レントゲンを撮った結果針が胃の中にあることがわかりました。
緊急に切腹手術をすることになりました。

またま小さい体に釣り針が..
みんな本当に心配しました。
手術は無事終わりましたが一週間ほど入院しなければなりませんでした。
弟は毎日自転車で1時間ほどの病院にお見舞いに行きました。
そんな心配をよそに、のあ子は病院の看護婦さんに慣れ、抱かれながら入院生活を満喫していたようです。
ドッグフードもいつもより栄養価の高く、値段も高いドッグフードを与えられ、家に帰ったときには通常のドッグフードは食べなくなっていました。

私たち家族もかわいそうに思い甘やかしてしまったので、ますます好き嫌いをするようになり、半生のドッグフードや缶詰しか食べなくなりました。
それにも次第に飽き、最終的にはバナナを好んで食べるようになり、毎日バナナをなくなる数日前まで食べていました。
のあ子を引き取ったとき、一年もたないかもしれないと言われたのに、12年生きました。
後にも先にも大きな怪我や病気は釣り針を飲んだ一度きりで、好きなものをたべ、気ままに暮らしていました。
そんなのあ子を散歩に連れていくのは、犬の苦手なおばあちゃんの役目でした。
毎日、朝と夕方に近所をゆっくりお散歩します。
一人ではなかなか散歩に行かないおばあちゃんに散歩に行く理由を作るためです。

戌年の安い年賀状も出したりして可愛がったものです。

その戌年の安い年賀状は非常に喜ばれましたし今でも良い思い出のひとつです。

しかし、面白いことに母や弟が散歩に行こうとすると喜んで走って玄関に行くのに、おばあちゃんが首輪を持って近づくと、なんとひっくり返って死んだふりをするのです。
全身の力を抜いて、手足だらーんとし立たせようとしても手を離すとまたひっくり返るのです。
おばあちゃんの足音が聞こえるだけで、隠れようとしたり死んだふりをしたりします。
それでも毎日散歩のお供を10年ほど務めました。

そんなのあ子が亡くなる前の晩、おばあちゃんがお風呂から出ると、洗面所にのあ子が座りじっとおばあちゃんを見つめていたそうです。
きっと、ありがとうを伝えたかったのだと思います。
のあ子が亡くなって数年たちますが、今でも思い出すと涙が出ます。
何年たっても彼女は私達家族のアイドルなのです。

愛するワンコの為にドッグフード選びに気を使いましょう!


ワンコと暮らす上で必ず必要なドッグフード選びで大切な事

ドライタイプ、半生タイプ、ウエットタイプなどの【柔らかさ】や

チキン、ビーフ、ラム、フィッシュなどの【味付け】など

ワンコの好みに合わせてフードを選んでいると思いますが、やはり気になるのが【値段】ですよね。

大型スーパーで激安フードを購入している人や、

大手のチェーン展開しているペットショップで獣医師推奨の普通のドッグフードをあげる人、

ワンコ専門店で店員さんオススメのこだわりフードを選ぶ人、

ワンコのために人と同じ食材から手作りフードを作っている人などなど、世の中にはいろんな飼い主さんがいます。

もちろんワンコ自身にアレルギーがあったりして食材が合わないこともありますし、逆に何食べてもピンピンしている子もいます。

フードとワンコの相性はまさに人それぞれなのです。

ドッグフードの値段もピンキリで、お財布事情もありますし手作りはちょっと大変…。

ですが、だからといって無関心に安いフードをあげ続けることは良くないと思います。

ドッグフードを選ぶ基準は以下の通りです。ドッグフード比較サイトの大定番であるドッグフード評価.netに記されていましたので紹介します。

普段からワンコのフード選びに気を遣っている方なら見ていると思いますが、大事なのが【そのフードの原材料に何が使われているのか】を確認することです。

一言に「チキン(鶏)」と記載していても、実はそれ可食部ではない「骨や羽、臓器の一部」が使われているかもしれません。

さらに安価なフードの原材料に書いてある、チキンミール(鶏の様々な部位を集めて加工してしたものは全てチキンミールに分類されます)や、ビーフパウダー(牛のどの部分なのか不明)などは一見普通に見えても中身は実は食べれる
ようなものではない物を使っていることが多々あります。

さらに安価なフードに有りがちなのがたくさんの添加物です。

あなたなら添加物まみれのご飯を毎日毎食自分の子供に食べさせたいと思いますか?

思う人なんかいませんよね。

安価なドッグフードも必ずしも悪ではない?

そしてもう一つ安価なフードには多くの穀物が使用されています。

穀物の使用自体に問題がある訳ではないのですが、使用している穀物が何なのかすら書いてないことがあります。

書かれていたとしても「トウモロコシ粉」や「コーングルテンミール」などと記載している場合はそのほとんどが可食部とはいえない部分(つまりゴミ)です。

トウモロコシを食べた後に残る芯の部分を乾燥して粉々に砕いたらそれは立派な「トウモロコシ粉」なんです。

植物の栄養のほとんどは果実や種部分に凝縮されているので芯には栄養なんてほとんどありません。

基本的にキチンと原材料を記載しているドッグフードでは、鶏肉やラム肉など(当たり前ですが…)可食部を使っており、その栄養もキチンと吸収されます。

その分値段は張りますが、大事な愛犬の健康のためならキチンとフード選びを見直すことが大切です。

今からでも遅くはありません。
何を選べばよいかわからない人も、まずは専門店の店員さんに相談してみるといいですよ。

私の家には大型犬と小型犬の2頭の犬がいます。犬がいるとどこの家庭でも難しくなるのが旅行です。私の家族も温泉旅行が大好きで、年に数回行きたい!と思っています。が、やはり犬をホテルに預けるか、ペット可のホテルにするかで毎回悩みどころでした。

しかし、先日家族で行った山梨県の石和温泉のあるホテル。表面的にはペット可のホテルではなく、普通の大人1人2食付きで1万円程度の高すぎない感じのホテルでした。

よくよく話を聞くとペットも一緒に泊まれますとのこと。客室に連れて行くことはできないのですが、ペットの専用ルームがありそこで泊まることができました。ロビーからペットルームにも歩いて入って行くことができました。

専用ルームは、ケージが大中小と2、3個ずつ並んでいて小さなペットホテルのようでした。4畳ほどですが、動き回れるスペースもありました。偶然にも他にお泊まりの子はいなく、貸切状態。冷暖房完備で鍵もかかり、飼い主しか入る
ことができない環境になっていました。スタッフはいないので、お世話はすべて飼い主がします。

うちの大型犬の方は、少し臆病なので慣れていない人が苦手です。逆に、私自身でトイレやご飯のお世話ができるので、ストレスもとても少なくしてあげられると思いました。鍵も預かれるので好きなタイミングで様子を見に行くことが
できました。

ペットホテルやお店でも良いドッグフードを用意する店が増えている

今まで、ペット可のホテルに泊まっても、ホテルによっては他の犬の匂いが残っていたりあちこち傷があったりで、温泉にきた!というちょっとした贅沢気分が半減だったのですが、こちらのホテルは犬は客室に入れないのでとても綺麗
です。温泉旅行は温泉旅行で本格的に楽しむことができますし、食事しながらでも犬たちのことを気にせずに楽しむことができます。犬たちも日中に一緒に観光をして歩き回って疲れたのもあり、ゆっくり休むことも出来たようです。
ペットホテルに預けての旅行となると、結局なるべく早く迎えに行ってあげようと思ってしまい、思ったよりもゆっくり出来なかったこともありましたし、もちろん値段も2頭になると1泊1万近くになってしまうこともあります。十分な
お散歩もさせてあげられないし、ストレスをかなり感じてしまっているようで食欲が落ちてしまったりと、かわいそうなことをしていました。

また、ペット可のホテルだと、他の犬たちの鳴き声やこちらも他に気を使ったりして、ゆっくり出来なかったことがありました。そして値段もかなり高かったです。結果ペットホテルに預けるのと同じくらいか、それ以上になってしまう
こともありました。
今回、このペットルームがあるホテルは私にとってはとても新鮮でした。私自身も温泉旅行の非現実の中に入ることができましたし、犬たちの様子を時々見れることができ心配で落ち着かないということもありませんでした。そして、何
より値段がとてもお手頃でした。

結果、飼い主自身がしているので、ペットルームの利用代金のみという感覚でした。2頭で4000円程度です。やはり出費が大きいと、旅行の回数も減ってしまいますがこのくらいでしたら気兼ねなく出かけられると思います。

こういったサービスが増えてくれると、とてもありがたい思いました。

ワンちゃんを飼いたい方必見!犬種の特徴と初期費用について

クリクリとした瞳、キュッと上がった口角、癒されること間違いなしのワンちゃん、可愛いですよね。今はペット可の賃貸物件や旅館、ドックカフェなども増えてきて、ワンちゃんと一緒に生活しやすい環境になってきています。

ワンちゃんは、良好な関係を築ければ、私たちの言葉や感情をしっかりと読みとってくれて、また、私たちもワンちゃんが訴えていることがわかるようになり、さらに信頼関係が深まります。一緒に生活して楽しいこと間違いなしのワンちゃん、ぜひ人生の中で1度は飼うことを経験していただきたいです。

まずは、犬種選びの参考になるよう、よくペットショップでみかける犬種についてをご紹介いたします。

まずは不動の人気のプードルです。他の犬種に比べて特徴的なのは抜け毛が少ないことで、アレルギーをもったお子さんがいるご家庭でも、プードルは飼える可能性があります。性格は非常に人と友好的で、言葉の理解力にも優れています。

次にダックスフンドやチワワも、変わらず人気の犬種です。この2犬種の平均体重は3?5kgのため、お子さんでも抱っこやお散歩ができるし、車で一緒に公園や買い物、旅行などにも連れていきやすいサイズです。

実際にドッグフードの選び方は厚生労働省でも注意転記されており、以下のようにしるされています。

このように、ドッグフードを選ぶうえで基礎知識は絶対に必要なのです。

おっとりとした性格のワンちゃんがご希望の方は、鼻ペチャ犬のシーズーやパグ、フレンチブルドックなどがおすすめです。

しつけを楽しみたい、挑戦したいに方は、自己主張のハッキリしているヨークシャテリアやミニチュアシュナウザー、ミニチュアピンシャー、ポメラニアン、柴犬あたりが、あなたの日々の生活に刺激を与えてくれると思います。

中型・大型犬を飼うには、体力がありお散歩やしつけをしっかりとできる方がいいでしょう。シェットランドシープドッグやボーダーコリー、シベリアンハスキー、ゴールデンレトリーバーやラブラドールレトリーバーは非常に人懐こく
て賢い犬種です。体格の大きい犬種は、落ち着きがあり優しいので、小さなお子さんのいるご家庭や、他の犬種と多頭飼いをするのにも向いています。

以上を参考に、ぜひペットショップへ行って、まずは気になった犬種を抱っこしてみてください。ワンちゃんとの素敵な出会いがあるはずです。

気になるわんちゃんの価格帯の相場は、10万円から30万円程度です。有名なブリーダーさんや親犬が称号をもっていたりすると、もう少し上がる可能性もあります。

大体のペットショップでは、生体の価格に加えてワクチンの接種料1?2万円がかかり、また、任意でペット保険やペットショップ独自の補償制度もあります。

ペット保険に関しては、ワンちゃんが1歳に達するまでは、思わぬ怪我や誤飲、家へ連れて帰ってからの環境の変化で体調を崩す可能性があるため、加入されることをおすすめします。ペット保険料の相場は、かかった医療費の7割を負
担しくれるもので、年間3万円程度です。

その他、ワンちゃんの家やおトイレ、食事に関する用品は、必ずペットショップから案内がありますので、ご安心ください。今は、しつけや飼育上の相談について、24時間電話対応してくれるサービスもありますので、初心者の方でも不安なくワンちゃんとの生活を楽しむことができます。

ぜひ、ワンちゃんとのハッピーライフを実現させてください。

犬がいることのメリットとデメリットどちらが大きい?


犬を飼いたいと思う人は多くいると思います。しかし、飼いたい!とおもってすぐに何も考えずに買ってよいものなのでしょうか。それについて今回はメリットとデメリットについて考えてみましょう。
まず、メリット
メリットしては、かわいい犬を見れば癒される。
ただ、これくらいではないだろうか…
ほかにもまだまだ、ある!と主張する人も多々いるとは思いますがとりあえず次のデメリットに行ってみましょう。
犬を飼うことのデメリット。
1つ目はしょうがないと言われればしょうがないが、とりあえず犬そのものの費用だ。最近は小さな小型犬でも15万くらいが相場となってきているむかしは5万もあれば結構いい品種の犬が買えるくらいだった。相場高の原因には近年急激に増加している犬や猫その他動物を保健所に持ち込みその動物たちが殺されるという事例が1つの原因にあるようだ。いま述べたような動物を自分で購入しておいて愛護せず殺してしまうという、非動物愛護者のために動物の相場どんどん上がっていっている。その影響は、先ほどのメリットで述べたような純粋に犬を飼って癒されたいという動物愛護者にまで影響が出ている。犬に限らず動物の相場高は非動物愛護者が減らない限りなくならないだろう。
では、本題に戻り2つ目のメリットは犬を飼うにあたっての諸費用だ。
具体例としては、エサ代、ペットシーツ代、首輪などなどである。外で飼うのであれば小屋なども必要になってくるだろう。
3つ目は、散歩や世話の肉体的、精神的な苦痛だ。
毎日散歩しなければならい。
たまに風呂に入れてやらなければならない。
多々、苦痛はあるだろう。
さて、メリットとデメリットどちらが大きいだろうか、一見いま述べたのを見るとデメリットのほうが大きいと感じる人がほとんどだと思う。
しかし、私はメリットのほうがデメリットに比べ物にならないほど大きいと思う。
なぜなら、確かにメリットよりデメリットの個数は多いが私にとって犬に癒されるというメリットは何にも代えられないメリットだ。得点をつけるとすればメリット1000である。
デメリットを見てみよう。たしかに、動物を買うのに費用が掛かるのは私にとってもいやだ。デメリット300
しかし、3つ目のデメリット、世話に対する苦痛だ。
私は、そのすべてが楽しいと感じる。だから、デメリットは1にも満たない。むしろ、癒されてメリットに変わってしまうかもしれない。
このように、メリットの指数が大きくなることでデメリットの個数以上にメリットを大きくできる。
私とって、犬を飼うことはデメリットよりメリットのほうが大きい

私が犬にできること、犬が私に教えてくれること


私は小学校に上がったすぐのころに親に犬を飼ってもらいました。
「絶対面倒を見る」と説得を繰り返し飼ってもらった犬でした。
最初のころ毎日のように散歩をし、トイレの処理なども一生懸命やりました。
1年2年と年を重ねるごと散歩の回数は減り、トイレの片づけも適当になっていきました。
父は母に押し付けることも増えていき、「あなたが面倒を見るって言ったのよ」と何度も言われました。
餌を欲しがり吠える犬に「うるさい」と怒鳴ったことも何度もあります。
年を重ね私は高校へ進学しました。地元を離れ寮での生活になりました。
両親と犬とも離れた生活です。
生活の中で犬のことを「元気かな~」「ご飯食べられているかな」と気に掛けることもなく時間を過ごしていました。
しかしあることがきっかけで私はハッとしました。
犬がヘルニアになり下半身をひきづって前足のみで歩くようになってしまいました。
その動画が両親から送られてきたとき私は涙が止まりませんでした。
腰から下を引きづりながら呼ばれた両親のもとへ懸命に歩く姿を見て、私は今まで何をしていたんだろうと思いました。
ヘルニアと診断をされたとき「少し良くはなってももう歩けないかもしれない。」と言われたそうです。
私はバイトを始め貯めたお金を両親に送り病院へ通ってもらいました。
薬が我が家の犬に効いたのか下半身は動くようになりました。
そして私は今社会人として地元に戻り犬のそばで生活をしています。
すっかり老犬になってしまった彼女は目も白内障で見えておらず、ほとんど匂いもわかっていません。
好き嫌いも増えご飯も選んで食べるようになってしまいました。
オムツをしての生活で爪も切らせてくれません。
最近は夜中や朝早くに吠えたり泣いたりと目が覚めることも増えました。
もしかしたら我が家に来た当初よりも何倍も手がかかるかもしれません。
けれどあの時は「うるさい」と怒鳴りつけていましたが今は「なんで吠えているんだろう」と寄り添ってあげることができるようになりました。
10歳にもならない私が飼った可愛かった小さい犬は24歳になった私に本当にたくさんの幸せと何かに寄り添うという気持ちを教えてくらました。
綺麗なことばかりじゃなく、大変なことも沢山あります。
「どうやったらご飯を食べてくれるかな」「なんで下痢してるんだろ」と悩みは尽きませんがそれでも私はこの子がいてくれてよかったと思える毎日を過ごしています。
我が家に来てくれてありがとう。いっぱい長生きしてね。と思って今日もブラシをかけてあげます。

ママ大好き!我が家のお犬様と過ごした思い出


どの犬にも言えることかと思いますが、うちの犬は食べ物が大好きでした。主に散歩以外はうちの母が世話をしていたのですが、ものすごく甘やかして育てていたため人間の食べるウインナーやホットケーキなどが大好きでした。それらが自分の近くにある時には家族を威嚇し、血が出るくらい?むこともありました。しかし母は犬がかわいくて仕方がなかったため甘やかすことをやめませんでした。人間と対等に扱っていたのです。
そんな我が家のお犬様ですが、寝ているときはとっても可愛い!また、ふわふわした毛並みや顔の周りををなでるととても気持ちよさそうしています。もっとやってといわんばかりに顔を手に自分からすり寄せてきます。
エサをご褒美に持っていればきちんと芸もできますし、かしこい子でした。
初めてうちに来たときはとても小さくたぬきのようでとても可愛いかったのを覚えています。まるでぬいぐるみのようでした。自転車のかごに乗ってみたり本物のぬいぐるみにかこまれてみたり、本当に愛らしかったです。
ドッグフードですが、そのままの単品で食べることはめったにありませんでした。とてもお腹がすいたときだけです!そんなお犬様ですので、いつもは人間の食べるごはんやウインナーやハム、昨日の晩御飯の残りなどを細かくきざみドッグフードに混ぜて食べさせたり、犬用の柔らかい缶詰のエサを混ぜて食べさせてあげるということをいていました。しかし、人間の食べるものは犬にとって塩分が多すぎるためあまり良くは思っていませんでした。
プチ事件が起きた時もあります。私が小学生の時です。学校から帰ると妹が愛犬に手首をかまれ、血を流して泣いていました。当時私は一人で病院に行ったことがなかったのですが、すぐに仕事中の母親に電話をして妹を病院に連れて行きました!これは今でも忘れられない出来事です。犬は動物なので本能のままに行動することを忘れてはいけないなと思います。
土日の毎朝のお散歩は父と一緒に行っていました。犬に話しかけながら公園に行ったりして楽しかったです。犬はいろんなところのニオイに興味があるので自分の思った通りに動いてはくれませんが散歩のあとは満足そうにしていました。きっと犬もストレスをかかえて生きているのですね。一輪車にのってお散歩に行くこともありましたし、ひとりで散歩に連れていく日もありました。首輪に綱をつける作業が一苦労でした、うちのお犬様は噛もうとするのです。散歩の出先で勝手に家まで帰ってしまうこともありました。
いろいろありましたが、落ち込んでいるときはだまってそばにいてくれ、話を聞いてくれて家族の一員でした。犬との絆は飼ったことのある人しかわからないものがあります。

大好きなおばあちゃんの家に大嫌いな犬が来た!


子供の頃、犬が大嫌いだったんです。大声でワンワン吠えるし、お友達が噛まれたなんて話もきいて、怖くて怖くて。極めつけに、学校帰り、近所の家の玄関から飛び出してきたダルメシアンに追いかけられて、泣きながら逃げ回ったんです。犬は追いかけっこで遊んでもらってると思ったらしく大はしゃぎでしたが、私はこの世の終わりのような思いでした。
そんなある日のことです。我が家は両親共働きで、私はいつもおばあちゃんの家にいて、おばあちゃん大好きっ子だったんですが、その家に住むいとこが「今日から家に犬がいるぞ」と楽しそうに言ってきました。犬が怖い私にとって、それはもうおばあちゃんの家に行くことができなくなるのと同じ意味でした。子供ながらに軽く絶望感をおぼえ、これからどうしようと半泣きでした。
ドキドキしながらおばあちゃんの家に行くと、部屋にも庭にも犬は居ませんでした。おばあちゃんが「犬は物置に繋いである」と教えてくれました。まだまだ子犬で、全然怖くないから大丈夫だよ、というのです。おそるおそる物置に行くと、そこには茶色くて小さな子犬がいました。そっと近づいてみると、私の方へと尻尾を振りながら近づいてきて、キュンキュンと鼻を鳴らし始めました。その時初めて「犬が可愛い」と思いました。触ってみるとあたたかくて、撫でてあげると喜んで、私が離れようとすると寂しそうに鳴いて。親犬から離されて、誰もいない物置に一人ぼっちでつながれている子犬が、なんだか自分みたいに思えたんです。両親はいつも居なくて、おばあちゃんは大好きだけど、ここは自分の家ではないからずっと一緒に居てくれるわけではないし。夕ご飯だよって呼ばれるまで、その日はずっと子犬と一緒に居ました。
しばらくすると子犬はおばあちゃんの部屋の縁側に繋がれるようになりました。私とおなじで、おばあちゃんのことが大好きな様子でした。相変わらず私は他の犬は苦手だったけど、おばあちゃんの犬とは仲良しでした。おばあちゃんと私と犬の三人でお散歩にも行きました。犬はおばあちゃんの言うことは聞くけど私の言うことは全然聞いてくれなくて、私だけとお散歩に行くと、いつも帰りたくないとワガママをし、三時間くらい散歩させられたこともあります。
田舎の家なので、洒落たドッグフードじゃなくて、いつも味噌汁掛けご飯を美味しそうに食べていました。私もそういうご飯大好きだよって頭をなでて、一緒に日向ぼっこして、いつしか他の犬も怖くなくなって、私、犬が大好きになってたんです。
あれから10何年も経って、大好きなおばあちゃんも、おばあちゃんの犬ももういません。だけど三人でお散歩したあの日々は、一生忘れられない大切な思い出です。

愛犬が我が家にやってきてからいなくなるまで


我が家に犬がやってきたのは,私が中学1年生になった時でした。小さいころから生き物が大好きだった私は,母に犬を飼いたいと日ごろからお願いしていました。するとある日母が,
「中学生のテストで学年5番以内に入ったら飼ってもいいよ。」
と言ってくれました。そこで私は入学最初の試験で5番以内に入ることができました。しかし母は,
「今回は英語が入っていなかったから,次また5番以内に入ったら飼ってあげる。」
と言いました。
私は犬を飼いたい一心で一生懸命勉強し,英語も含まれた期末テストで,5番以内に入ることができました。
そしてとうとう,犬を飼うことを許してもらうことができました。
 木枯らしが吹き始めたころ,祖母が知り合いから,子犬を連れて帰ってきました。シェパードと柴犬の雑種だというその子犬は全身茶色と黒のマーブル模様でくりっとした茶色い目をしていました。シェパードが入っているためか,足は太くしっかりしており,将来は大きくなるのかと思われました。
家にやってきたころは,見たことのない場所へ来たせいか,散歩も嫌がり,抱いて歩くことが多々ありました。しかし,慣れてくると自分から率先して散歩し始め,ほかの犬にも興味を示し始めました。
 体つきがしっかりし始めると,最初は15分程度だった散歩の時間も徐々に長くなり,我が家にやってきて1年たつ頃には1時間程度のびました。家から30分程度のところにある土手の草むらでリードを延ばしてあげると,耳を伏せまるで野生に帰ったかのように走り回りました。私も一緒に走ると,飛びついてきたりして,一緒になって遊びました。
 小さいころは足が太くしっかりしていたので,大型犬のように大きくなるのかと思っていましたが,予想に反し柴犬くらいの大きさでとまりました。大きさは柴犬ですが,顔つきは精悍なシェパードに似ており,耳も大きくピンとはっていました。鳴き声も野太く,外見も凛々しいため,一見すると怖そうですが,目がやさしく,飼い主目線かもしれませんが,かわいい子に育ちました。
 大きな病気をすることなく健康に育ってくれていたのですが,10歳を超えると徐々に老化が始まり,1時間かけていた散歩も,帰り道でばて始めたため,30分に短縮することになりました。散歩コースが変更になったため,草むらで遊ぶ機会も減ってしまいました。行きはぐいぐいと引っ張るほど力強く散歩するのですが,帰りはぐったりと後ろをついてくるような感じで,おばあちゃんなんだなと感じました。
 それでも,ほかに大きな変化もなく日々を過ごしていたのですが,昨年あたりから急激に老化が加速しました。初めは耳が聞こえなくなり,呼んでも反応しなくなってしまいました。苦手な雷が鳴っても素知らぬ顔をしていました。次に,鼻が利かなくなり,初夏くらいには目が見えなくなってしまいました。目が見えなくなったころは,そのことを受け入れられなかったせいか,少し凶暴になってしまっていました。目が見えなくなると,自分で探して餌を食べたり,水を飲んだりすることができず,口元まで餌や水を持っていってあげる必要がありました。それでも,餌をモリモリ食べ,散歩も15分程度と短くなってしまってはいましたが,歩いていました。しかし,老化のせいか,食べているのに体重は次第に減少し背骨も曲がってきてしまいました。
 そしてとうとう,今年の1月眠るように亡くなりました。16歳でした。遺骨は共同墓地へ埋葬し,家に遺影を置き,花を絶やさず飾っています。共に過ごした時間は一生の宝物です。

高齢になった愛犬に、年々いとしさが増す日々


我が家では、もうすぐ10歳になるビーグルの女の子を飼っています。この子がまた、小さいときは手が付けられないくらいおてんばで、泣かされたことは数え切れません。こんな凶悪な子犬は見たことがない、というレベルでした。販売していたペットショップの方も、「この子はかなり気が強くて…かわいいんですけど…」という感じで、かなりの特別価格で売られていたほどでした。
女の子なのにきりっとしていて、気が強くて、抱き上げてみたらいきなり鼻をがぶり。ケージに戻せばほえまくり。
そんな子を見て、なんだか「うちで飼わなければ」という妙な使命感に駆られて、気が付いたら手続きをしていたのです。

3歳くらいまでは、毎日が戦争のようでした。子犬なのに、抱っこしても寝てくれなくて、怒ってばかり。幼少時代は写真も撮れないほど暴れてばかりで、可愛い盛りの写真はほとんどありません。私は毎日全身にあざや引っかき傷を作っていました。
…そんな日々が、今ではうそのように「だいぶ」おとなしくなりました。
本当に10歳なのだろうか、と思ってしまう程度には元気がみなぎっていますが、子供のころに比べれば、とてもおりこうになったのです。
夜になり、眠る少し前になると、人のそばによってきて、しつこいくらいに抱っこをせがみます。断るとふてくされてしまうので、家族の誰かが抱っこをするようにしています。あれだけ抱っこ嫌いだったのが、うそのようです。人の腕の上にあごを乗せて、うつらうつらしている姿を見ると、
「ありえないくらい苦労したけど、飼うことにして良かったな」
としみじみ思います。

基本的には人間の言うことをきちんと理解しているので、「絶対にしてはいけないこと」は理解しているようです。
ビーグルは食欲が強いので、なんでもかんでも口に入れますが、電気のコードだけは絶対にかじりません。子供のころにしつこく教えたことを、しっかり守っているようです。100パーセント「よい子」かと言われれば、それは違うかもしれませんが、私にとっては、とても可愛い、わが子のような存在です。

全ての瞬間が、可愛いと思います。寝ぼけて吠えたり寝言を言ったりしているときも、家族の靴下をくわえて走り回っているときも、怒っているときの顔も、どれもこれもが、私と犬にとっては大切な瞬間です。きっと、犬と一緒に暮らしているかたなら、理解いただけることでしょう。年々いとしさが増します。

いつのまにか高齢犬になってしまいましたが、一日でも長く生きることを願っています。

犬を飼い始めて2日目の忠犬と4日目の忠犬


私は一人暮らしをしています。
もともと実家でも犬を飼っていたり、何より私自身が犬が大好きで、
何件もペットショップを周り、
「この子だ!!」っと思うまで飼うことはせず、
ある日友人から連絡があり、「絶対あなたが好みだよ」と言われ見に行くことにしました。
仔犬=どの子も可愛いのですが、
その友人に薦められた仔犬はちょっぴりペットショップでは大きくなっている5ヶ月のワンコでした。
しかし、愛嬌もよく、元気で、なんと言っても私が欲しい犬種でまさにカラーも私好み。
それからというもの何回か通いその子を眺めては考え、飼うことにしました。
1日目 ペットショップから段ボールに入れて我が家に降臨。
初日ということもあり、我が家(1Kの家)を偵察させたのち、サークルにも慣れてもらおうと思いサークル入れ大人しく出来ていました。
サークル内にあるトイレでおしっこもうんちもしてくれて、
「手の掛からない子だな~」「こんな子が何ヶ月も貰われて行かず、家に来てくれたなんて本当に幸せ」なんて思っていました。
そして2日目。
2日目は私は仕事のため家を空けることとなりました。
2日目でまだ心配でしたが、サークルもあるしちょっとの間なら大丈夫だろーと
サークルの上か「いい子に待っててねー」と別れを告げ出社。
仕事中も新しい家族の事で頭はいっぱいでした。
そして9時間後家に帰り鍵を空けると目の前に彼(ワンコ)が…
頭の中はハテナマークでいっぱいでした。
「サークルを閉めないで家出たっけ?」なんて思い確認しましたがサークルの扉は閉まったまま
しかし家の中をイタズラされてた訳でもないので、「まーいいっか」で済ませました。
そして3日目はサークルの鍵も確認し仕事に行き、帰宅すると、サークルの中でいい子にしている彼が?
そして悲劇の4日目はやってきました。
きっと彼はこの1Kの家に慣れてきたのでしょう。
仕事から帰宅すると、扉を空けるなり飛びついてくる彼
そしてなんか香水のようなドキツイ異臭!?
体に付いているティッシュのカス…
一体何事だと思い部屋を除くとベットの上はティッシュにまみれ、
テレビ台の上に置いていたルームフレグランスは床に散らばり
雑誌は漫画もいくつかボロボロに…
片付けようと思い彼をサークルに戻しせっせと片付けていると
彼が目の前の掃除機と喧嘩しだして
??????
また彼をサークルへ
そして観察しているとヨイコラショとよじ登っていました。
人間の腰ぐらいの高さはあるサークルを何度か失敗しながら登る彼を見て叱るよりも呆れ返ったのは間違いありません。