大好きなおばあちゃんの家に大嫌いな犬が来た!


子供の頃、犬が大嫌いだったんです。大声でワンワン吠えるし、お友達が噛まれたなんて話もきいて、怖くて怖くて。極めつけに、学校帰り、近所の家の玄関から飛び出してきたダルメシアンに追いかけられて、泣きながら逃げ回ったんです。犬は追いかけっこで遊んでもらってると思ったらしく大はしゃぎでしたが、私はこの世の終わりのような思いでした。
そんなある日のことです。我が家は両親共働きで、私はいつもおばあちゃんの家にいて、おばあちゃん大好きっ子だったんですが、その家に住むいとこが「今日から家に犬がいるぞ」と楽しそうに言ってきました。犬が怖い私にとって、それはもうおばあちゃんの家に行くことができなくなるのと同じ意味でした。子供ながらに軽く絶望感をおぼえ、これからどうしようと半泣きでした。
ドキドキしながらおばあちゃんの家に行くと、部屋にも庭にも犬は居ませんでした。おばあちゃんが「犬は物置に繋いである」と教えてくれました。まだまだ子犬で、全然怖くないから大丈夫だよ、というのです。おそるおそる物置に行くと、そこには茶色くて小さな子犬がいました。そっと近づいてみると、私の方へと尻尾を振りながら近づいてきて、キュンキュンと鼻を鳴らし始めました。その時初めて「犬が可愛い」と思いました。触ってみるとあたたかくて、撫でてあげると喜んで、私が離れようとすると寂しそうに鳴いて。親犬から離されて、誰もいない物置に一人ぼっちでつながれている子犬が、なんだか自分みたいに思えたんです。両親はいつも居なくて、おばあちゃんは大好きだけど、ここは自分の家ではないからずっと一緒に居てくれるわけではないし。夕ご飯だよって呼ばれるまで、その日はずっと子犬と一緒に居ました。
しばらくすると子犬はおばあちゃんの部屋の縁側に繋がれるようになりました。私とおなじで、おばあちゃんのことが大好きな様子でした。相変わらず私は他の犬は苦手だったけど、おばあちゃんの犬とは仲良しでした。おばあちゃんと私と犬の三人でお散歩にも行きました。犬はおばあちゃんの言うことは聞くけど私の言うことは全然聞いてくれなくて、私だけとお散歩に行くと、いつも帰りたくないとワガママをし、三時間くらい散歩させられたこともあります。
田舎の家なので、洒落たドッグフードじゃなくて、いつも味噌汁掛けご飯を美味しそうに食べていました。私もそういうご飯大好きだよって頭をなでて、一緒に日向ぼっこして、いつしか他の犬も怖くなくなって、私、犬が大好きになってたんです。
あれから10何年も経って、大好きなおばあちゃんも、おばあちゃんの犬ももういません。だけど三人でお散歩したあの日々は、一生忘れられない大切な思い出です。

愛犬が我が家にやってきてからいなくなるまで


我が家に犬がやってきたのは,私が中学1年生になった時でした。小さいころから生き物が大好きだった私は,母に犬を飼いたいと日ごろからお願いしていました。するとある日母が,
「中学生のテストで学年5番以内に入ったら飼ってもいいよ。」
と言ってくれました。そこで私は入学最初の試験で5番以内に入ることができました。しかし母は,
「今回は英語が入っていなかったから,次また5番以内に入ったら飼ってあげる。」
と言いました。
私は犬を飼いたい一心で一生懸命勉強し,英語も含まれた期末テストで,5番以内に入ることができました。
そしてとうとう,犬を飼うことを許してもらうことができました。
 木枯らしが吹き始めたころ,祖母が知り合いから,子犬を連れて帰ってきました。シェパードと柴犬の雑種だというその子犬は全身茶色と黒のマーブル模様でくりっとした茶色い目をしていました。シェパードが入っているためか,足は太くしっかりしており,将来は大きくなるのかと思われました。
家にやってきたころは,見たことのない場所へ来たせいか,散歩も嫌がり,抱いて歩くことが多々ありました。しかし,慣れてくると自分から率先して散歩し始め,ほかの犬にも興味を示し始めました。
 体つきがしっかりし始めると,最初は15分程度だった散歩の時間も徐々に長くなり,我が家にやってきて1年たつ頃には1時間程度のびました。家から30分程度のところにある土手の草むらでリードを延ばしてあげると,耳を伏せまるで野生に帰ったかのように走り回りました。私も一緒に走ると,飛びついてきたりして,一緒になって遊びました。
 小さいころは足が太くしっかりしていたので,大型犬のように大きくなるのかと思っていましたが,予想に反し柴犬くらいの大きさでとまりました。大きさは柴犬ですが,顔つきは精悍なシェパードに似ており,耳も大きくピンとはっていました。鳴き声も野太く,外見も凛々しいため,一見すると怖そうですが,目がやさしく,飼い主目線かもしれませんが,かわいい子に育ちました。
 大きな病気をすることなく健康に育ってくれていたのですが,10歳を超えると徐々に老化が始まり,1時間かけていた散歩も,帰り道でばて始めたため,30分に短縮することになりました。散歩コースが変更になったため,草むらで遊ぶ機会も減ってしまいました。行きはぐいぐいと引っ張るほど力強く散歩するのですが,帰りはぐったりと後ろをついてくるような感じで,おばあちゃんなんだなと感じました。
 それでも,ほかに大きな変化もなく日々を過ごしていたのですが,昨年あたりから急激に老化が加速しました。初めは耳が聞こえなくなり,呼んでも反応しなくなってしまいました。苦手な雷が鳴っても素知らぬ顔をしていました。次に,鼻が利かなくなり,初夏くらいには目が見えなくなってしまいました。目が見えなくなったころは,そのことを受け入れられなかったせいか,少し凶暴になってしまっていました。目が見えなくなると,自分で探して餌を食べたり,水を飲んだりすることができず,口元まで餌や水を持っていってあげる必要がありました。それでも,餌をモリモリ食べ,散歩も15分程度と短くなってしまってはいましたが,歩いていました。しかし,老化のせいか,食べているのに体重は次第に減少し背骨も曲がってきてしまいました。
 そしてとうとう,今年の1月眠るように亡くなりました。16歳でした。遺骨は共同墓地へ埋葬し,家に遺影を置き,花を絶やさず飾っています。共に過ごした時間は一生の宝物です。

高齢になった愛犬に、年々いとしさが増す日々


我が家では、もうすぐ10歳になるビーグルの女の子を飼っています。この子がまた、小さいときは手が付けられないくらいおてんばで、泣かされたことは数え切れません。こんな凶悪な子犬は見たことがない、というレベルでした。販売していたペットショップの方も、「この子はかなり気が強くて…かわいいんですけど…」という感じで、かなりの特別価格で売られていたほどでした。
女の子なのにきりっとしていて、気が強くて、抱き上げてみたらいきなり鼻をがぶり。ケージに戻せばほえまくり。
そんな子を見て、なんだか「うちで飼わなければ」という妙な使命感に駆られて、気が付いたら手続きをしていたのです。

3歳くらいまでは、毎日が戦争のようでした。子犬なのに、抱っこしても寝てくれなくて、怒ってばかり。幼少時代は写真も撮れないほど暴れてばかりで、可愛い盛りの写真はほとんどありません。私は毎日全身にあざや引っかき傷を作っていました。
…そんな日々が、今ではうそのように「だいぶ」おとなしくなりました。
本当に10歳なのだろうか、と思ってしまう程度には元気がみなぎっていますが、子供のころに比べれば、とてもおりこうになったのです。
夜になり、眠る少し前になると、人のそばによってきて、しつこいくらいに抱っこをせがみます。断るとふてくされてしまうので、家族の誰かが抱っこをするようにしています。あれだけ抱っこ嫌いだったのが、うそのようです。人の腕の上にあごを乗せて、うつらうつらしている姿を見ると、
「ありえないくらい苦労したけど、飼うことにして良かったな」
としみじみ思います。

基本的には人間の言うことをきちんと理解しているので、「絶対にしてはいけないこと」は理解しているようです。
ビーグルは食欲が強いので、なんでもかんでも口に入れますが、電気のコードだけは絶対にかじりません。子供のころにしつこく教えたことを、しっかり守っているようです。100パーセント「よい子」かと言われれば、それは違うかもしれませんが、私にとっては、とても可愛い、わが子のような存在です。

全ての瞬間が、可愛いと思います。寝ぼけて吠えたり寝言を言ったりしているときも、家族の靴下をくわえて走り回っているときも、怒っているときの顔も、どれもこれもが、私と犬にとっては大切な瞬間です。きっと、犬と一緒に暮らしているかたなら、理解いただけることでしょう。年々いとしさが増します。

いつのまにか高齢犬になってしまいましたが、一日でも長く生きることを願っています。