愛するワンコの為にドッグフード選びに気を使いましょう!


ワンコと暮らす上で必ず必要なドッグフード選びで大切な事

ドライタイプ、半生タイプ、ウエットタイプなどの【柔らかさ】や

チキン、ビーフ、ラム、フィッシュなどの【味付け】など

ワンコの好みに合わせてフードを選んでいると思いますが、やはり気になるのが【値段】ですよね。

大型スーパーで激安フードを購入している人や、

大手のチェーン展開しているペットショップで獣医師推奨の普通のドッグフードをあげる人、

ワンコ専門店で店員さんオススメのこだわりフードを選ぶ人、

ワンコのために人と同じ食材から手作りフードを作っている人などなど、世の中にはいろんな飼い主さんがいます。

もちろんワンコ自身にアレルギーがあったりして食材が合わないこともありますし、逆に何食べてもピンピンしている子もいます。

フードとワンコの相性はまさに人それぞれなのです。

ドッグフードの値段もピンキリで、お財布事情もありますし手作りはちょっと大変…。

ですが、だからといって無関心に安いフードをあげ続けることは良くないと思います。

ドッグフードを選ぶ基準は以下の通りです。ドッグフード比較サイトの大定番であるドッグフード評価.netに記されていましたので紹介します。

普段からワンコのフード選びに気を遣っている方なら見ていると思いますが、大事なのが【そのフードの原材料に何が使われているのか】を確認することです。

一言に「チキン(鶏)」と記載していても、実はそれ可食部ではない「骨や羽、臓器の一部」が使われているかもしれません。

さらに安価なフードの原材料に書いてある、チキンミール(鶏の様々な部位を集めて加工してしたものは全てチキンミールに分類されます)や、ビーフパウダー(牛のどの部分なのか不明)などは一見普通に見えても中身は実は食べれる
ようなものではない物を使っていることが多々あります。

さらに安価なフードに有りがちなのがたくさんの添加物です。

あなたなら添加物まみれのご飯を毎日毎食自分の子供に食べさせたいと思いますか?

思う人なんかいませんよね。

安価なドッグフードも必ずしも悪ではない?

そしてもう一つ安価なフードには多くの穀物が使用されています。

穀物の使用自体に問題がある訳ではないのですが、使用している穀物が何なのかすら書いてないことがあります。

書かれていたとしても「トウモロコシ粉」や「コーングルテンミール」などと記載している場合はそのほとんどが可食部とはいえない部分(つまりゴミ)です。

トウモロコシを食べた後に残る芯の部分を乾燥して粉々に砕いたらそれは立派な「トウモロコシ粉」なんです。

植物の栄養のほとんどは果実や種部分に凝縮されているので芯には栄養なんてほとんどありません。

基本的にキチンと原材料を記載しているドッグフードでは、鶏肉やラム肉など(当たり前ですが…)可食部を使っており、その栄養もキチンと吸収されます。

その分値段は張りますが、大事な愛犬の健康のためならキチンとフード選びを見直すことが大切です。

今からでも遅くはありません。
何を選べばよいかわからない人も、まずは専門店の店員さんに相談してみるといいですよ。

私の家には大型犬と小型犬の2頭の犬がいます。犬がいるとどこの家庭でも難しくなるのが旅行です。私の家族も温泉旅行が大好きで、年に数回行きたい!と思っています。が、やはり犬をホテルに預けるか、ペット可のホテルにするかで毎回悩みどころでした。

しかし、先日家族で行った山梨県の石和温泉のあるホテル。表面的にはペット可のホテルではなく、普通の大人1人2食付きで1万円程度の高すぎない感じのホテルでした。

よくよく話を聞くとペットも一緒に泊まれますとのこと。客室に連れて行くことはできないのですが、ペットの専用ルームがありそこで泊まることができました。ロビーからペットルームにも歩いて入って行くことができました。

専用ルームは、ケージが大中小と2、3個ずつ並んでいて小さなペットホテルのようでした。4畳ほどですが、動き回れるスペースもありました。偶然にも他にお泊まりの子はいなく、貸切状態。冷暖房完備で鍵もかかり、飼い主しか入る
ことができない環境になっていました。スタッフはいないので、お世話はすべて飼い主がします。

うちの大型犬の方は、少し臆病なので慣れていない人が苦手です。逆に、私自身でトイレやご飯のお世話ができるので、ストレスもとても少なくしてあげられると思いました。鍵も預かれるので好きなタイミングで様子を見に行くことが
できました。

ペットホテルやお店でも良いドッグフードを用意する店が増えている

今まで、ペット可のホテルに泊まっても、ホテルによっては他の犬の匂いが残っていたりあちこち傷があったりで、温泉にきた!というちょっとした贅沢気分が半減だったのですが、こちらのホテルは犬は客室に入れないのでとても綺麗
です。温泉旅行は温泉旅行で本格的に楽しむことができますし、食事しながらでも犬たちのことを気にせずに楽しむことができます。犬たちも日中に一緒に観光をして歩き回って疲れたのもあり、ゆっくり休むことも出来たようです。
ペットホテルに預けての旅行となると、結局なるべく早く迎えに行ってあげようと思ってしまい、思ったよりもゆっくり出来なかったこともありましたし、もちろん値段も2頭になると1泊1万近くになってしまうこともあります。十分な
お散歩もさせてあげられないし、ストレスをかなり感じてしまっているようで食欲が落ちてしまったりと、かわいそうなことをしていました。

また、ペット可のホテルだと、他の犬たちの鳴き声やこちらも他に気を使ったりして、ゆっくり出来なかったことがありました。そして値段もかなり高かったです。結果ペットホテルに預けるのと同じくらいか、それ以上になってしまう
こともありました。
今回、このペットルームがあるホテルは私にとってはとても新鮮でした。私自身も温泉旅行の非現実の中に入ることができましたし、犬たちの様子を時々見れることができ心配で落ち着かないということもありませんでした。そして、何
より値段がとてもお手頃でした。

結果、飼い主自身がしているので、ペットルームの利用代金のみという感覚でした。2頭で4000円程度です。やはり出費が大きいと、旅行の回数も減ってしまいますがこのくらいでしたら気兼ねなく出かけられると思います。

こういったサービスが増えてくれると、とてもありがたい思いました。

ワンちゃんを飼いたい方必見!犬種の特徴と初期費用について

クリクリとした瞳、キュッと上がった口角、癒されること間違いなしのワンちゃん、可愛いですよね。今はペット可の賃貸物件や旅館、ドックカフェなども増えてきて、ワンちゃんと一緒に生活しやすい環境になってきています。

ワンちゃんは、良好な関係を築ければ、私たちの言葉や感情をしっかりと読みとってくれて、また、私たちもワンちゃんが訴えていることがわかるようになり、さらに信頼関係が深まります。一緒に生活して楽しいこと間違いなしのワンちゃん、ぜひ人生の中で1度は飼うことを経験していただきたいです。

まずは、犬種選びの参考になるよう、よくペットショップでみかける犬種についてをご紹介いたします。

まずは不動の人気のプードルです。他の犬種に比べて特徴的なのは抜け毛が少ないことで、アレルギーをもったお子さんがいるご家庭でも、プードルは飼える可能性があります。性格は非常に人と友好的で、言葉の理解力にも優れています。

次にダックスフンドやチワワも、変わらず人気の犬種です。この2犬種の平均体重は3?5kgのため、お子さんでも抱っこやお散歩ができるし、車で一緒に公園や買い物、旅行などにも連れていきやすいサイズです。

実際にドッグフードの選び方は厚生労働省でも注意転記されており、以下のようにしるされています。

このように、ドッグフードを選ぶうえで基礎知識は絶対に必要なのです。

おっとりとした性格のワンちゃんがご希望の方は、鼻ペチャ犬のシーズーやパグ、フレンチブルドックなどがおすすめです。

しつけを楽しみたい、挑戦したいに方は、自己主張のハッキリしているヨークシャテリアやミニチュアシュナウザー、ミニチュアピンシャー、ポメラニアン、柴犬あたりが、あなたの日々の生活に刺激を与えてくれると思います。

中型・大型犬を飼うには、体力がありお散歩やしつけをしっかりとできる方がいいでしょう。シェットランドシープドッグやボーダーコリー、シベリアンハスキー、ゴールデンレトリーバーやラブラドールレトリーバーは非常に人懐こく
て賢い犬種です。体格の大きい犬種は、落ち着きがあり優しいので、小さなお子さんのいるご家庭や、他の犬種と多頭飼いをするのにも向いています。

以上を参考に、ぜひペットショップへ行って、まずは気になった犬種を抱っこしてみてください。ワンちゃんとの素敵な出会いがあるはずです。

気になるわんちゃんの価格帯の相場は、10万円から30万円程度です。有名なブリーダーさんや親犬が称号をもっていたりすると、もう少し上がる可能性もあります。

大体のペットショップでは、生体の価格に加えてワクチンの接種料1?2万円がかかり、また、任意でペット保険やペットショップ独自の補償制度もあります。

ペット保険に関しては、ワンちゃんが1歳に達するまでは、思わぬ怪我や誤飲、家へ連れて帰ってからの環境の変化で体調を崩す可能性があるため、加入されることをおすすめします。ペット保険料の相場は、かかった医療費の7割を負
担しくれるもので、年間3万円程度です。

その他、ワンちゃんの家やおトイレ、食事に関する用品は、必ずペットショップから案内がありますので、ご安心ください。今は、しつけや飼育上の相談について、24時間電話対応してくれるサービスもありますので、初心者の方でも不安なくワンちゃんとの生活を楽しむことができます。

ぜひ、ワンちゃんとのハッピーライフを実現させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です