犬がいることのメリットとデメリットどちらが大きい?


犬を飼いたいと思う人は多くいると思います。しかし、飼いたい!とおもってすぐに何も考えずに買ってよいものなのでしょうか。それについて今回はメリットとデメリットについて考えてみましょう。
まず、メリット
メリットしては、かわいい犬を見れば癒される。
ただ、これくらいではないだろうか…
ほかにもまだまだ、ある!と主張する人も多々いるとは思いますがとりあえず次のデメリットに行ってみましょう。
犬を飼うことのデメリット。
1つ目はしょうがないと言われればしょうがないが、とりあえず犬そのものの費用だ。最近は小さな小型犬でも15万くらいが相場となってきているむかしは5万もあれば結構いい品種の犬が買えるくらいだった。相場高の原因には近年急激に増加している犬や猫その他動物を保健所に持ち込みその動物たちが殺されるという事例が1つの原因にあるようだ。いま述べたような動物を自分で購入しておいて愛護せず殺してしまうという、非動物愛護者のために動物の相場どんどん上がっていっている。その影響は、先ほどのメリットで述べたような純粋に犬を飼って癒されたいという動物愛護者にまで影響が出ている。犬に限らず動物の相場高は非動物愛護者が減らない限りなくならないだろう。
では、本題に戻り2つ目のメリットは犬を飼うにあたっての諸費用だ。
具体例としては、エサ代、ペットシーツ代、首輪などなどである。外で飼うのであれば小屋なども必要になってくるだろう。
3つ目は、散歩や世話の肉体的、精神的な苦痛だ。
毎日散歩しなければならい。
たまに風呂に入れてやらなければならない。
多々、苦痛はあるだろう。
さて、メリットとデメリットどちらが大きいだろうか、一見いま述べたのを見るとデメリットのほうが大きいと感じる人がほとんどだと思う。
しかし、私はメリットのほうがデメリットに比べ物にならないほど大きいと思う。
なぜなら、確かにメリットよりデメリットの個数は多いが私にとって犬に癒されるというメリットは何にも代えられないメリットだ。得点をつけるとすればメリット1000である。
デメリットを見てみよう。たしかに、動物を買うのに費用が掛かるのは私にとってもいやだ。デメリット300
しかし、3つ目のデメリット、世話に対する苦痛だ。
私は、そのすべてが楽しいと感じる。だから、デメリットは1にも満たない。むしろ、癒されてメリットに変わってしまうかもしれない。
このように、メリットの指数が大きくなることでデメリットの個数以上にメリットを大きくできる。
私とって、犬を飼うことはデメリットよりメリットのほうが大きい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です