ママ大好き!我が家のお犬様と過ごした思い出


どの犬にも言えることかと思いますが、うちの犬は食べ物が大好きでした。主に散歩以外はうちの母が世話をしていたのですが、ものすごく甘やかして育てていたため人間の食べるウインナーやホットケーキなどが大好きでした。それらが自分の近くにある時には家族を威嚇し、血が出るくらい?むこともありました。しかし母は犬がかわいくて仕方がなかったため甘やかすことをやめませんでした。人間と対等に扱っていたのです。
そんな我が家のお犬様ですが、寝ているときはとっても可愛い!また、ふわふわした毛並みや顔の周りををなでるととても気持ちよさそうしています。もっとやってといわんばかりに顔を手に自分からすり寄せてきます。
エサをご褒美に持っていればきちんと芸もできますし、かしこい子でした。
初めてうちに来たときはとても小さくたぬきのようでとても可愛いかったのを覚えています。まるでぬいぐるみのようでした。自転車のかごに乗ってみたり本物のぬいぐるみにかこまれてみたり、本当に愛らしかったです。
ドッグフードですが、そのままの単品で食べることはめったにありませんでした。とてもお腹がすいたときだけです!そんなお犬様ですので、いつもは人間の食べるごはんやウインナーやハム、昨日の晩御飯の残りなどを細かくきざみドッグフードに混ぜて食べさせたり、犬用の柔らかい缶詰のエサを混ぜて食べさせてあげるということをいていました。しかし、人間の食べるものは犬にとって塩分が多すぎるためあまり良くは思っていませんでした。
プチ事件が起きた時もあります。私が小学生の時です。学校から帰ると妹が愛犬に手首をかまれ、血を流して泣いていました。当時私は一人で病院に行ったことがなかったのですが、すぐに仕事中の母親に電話をして妹を病院に連れて行きました!これは今でも忘れられない出来事です。犬は動物なので本能のままに行動することを忘れてはいけないなと思います。
土日の毎朝のお散歩は父と一緒に行っていました。犬に話しかけながら公園に行ったりして楽しかったです。犬はいろんなところのニオイに興味があるので自分の思った通りに動いてはくれませんが散歩のあとは満足そうにしていました。きっと犬もストレスをかかえて生きているのですね。一輪車にのってお散歩に行くこともありましたし、ひとりで散歩に連れていく日もありました。首輪に綱をつける作業が一苦労でした、うちのお犬様は噛もうとするのです。散歩の出先で勝手に家まで帰ってしまうこともありました。
いろいろありましたが、落ち込んでいるときはだまってそばにいてくれ、話を聞いてくれて家族の一員でした。犬との絆は飼ったことのある人しかわからないものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です